headerphoto
Home 徳島に在る教会に関して
徳島に在る教会に関して
法人としての「徳島に在る教会」について 印刷 Eメール

教会がエルサレムに設立されたとき、それは唯一、エルサレムに在る教会として知られました(使徒8:1)。同じように今日、徳島における教会の実際的表現は、唯一、徳島に在る教会です。ゆえに、地方の立場にある教会、地方教会を実行するため、徳島に在住する聖徒たちは真正な一つの立場に立って主の御名の中で「徳島に在る教会」として集まります。これは、教会生活における聖徒たちの内在的で、実行的な面です。

その一方で、聖書によれば、「人のたてた政府」は、平和を保ち秩序を維持するために神によって定められたものであり、良心のゆえに、すべてのクリスチャンは市民社会の諸権威に従うべきです。こういうわけで、わたしたちはすべての行政上の諸権威に服し、彼らに従います。わたしたちの国家、県、共同体の中で善良な市民として生活します。わたしたちは、神から定められた「人がたてた政府」に対して、定められた法律を遵守し、財産を正しく管理するために「徳島に在る教会」の名前をもって法人登録を行っています。わたしたち「徳島に在る教会」は神から定められた諸権威に対し、わたしたちのすべての責任を果たす用意があります(ローマ13:1-7、参照:ローマ13:1、Fノート3Fノート4テトス3:1Iペテロ2:13-14)。

法人としての「徳島に在る教会」は、行政上の諸権威に服し、従うためですが、キリスト教の諸宗派の様に宗教団体の組織を形成するためではありません。また、定められた法律に従い、法人の代表者を聖徒たちから選出しますが、この代表者は行政に対する報告のためであり、何一つ永久的な職位、組織化された指導権を持つ人はおりません。また、「徳島に在る教会」は、どんな階級制度も、法王のような「頭の代理人」(Subhead)も、「仲介者」(Intermediaries)も有しません。聖徒たちは、みなお互いに同じ御父の神聖な命に与る兄弟姉妹であり、互いを呼ぶ際にも「兄弟、姉妹」と呼び合います(マタイ23:8-10)。

また、「徳島に在る教会」は日本の諸地方教会の本部(Headquarters)ではありませんし、逆に属する本部を持つ事もありません。全世界の諸地方教会は統合機構、本部等の組織を一切持ちません。教会のかしらは唯一、主イエス・キリストのみです(エペソ5:23コロサイ1:18)。

 
わたしたちの交わり 印刷 Eメール

使徒行伝2:42  そして、彼らは使徒たちの教えと交わりを堅く持ち続け、パンをさくことと祈りを堅く持ち続けた。

使徒たちの交わりは、「御父との、また御子イエスとの交わり」とも呼ばれています。この「交わり」のギリシャ語訳は、「共にあずかること」、「共同であずかること」を意味します。その意味で、わたしたちはキリストにあるすべての信徒を受け入れます。その人がどんな見解を持っていようとも、救われている信徒であれば喜んで交わり を持ちます。

ただ除かれねばならない罪を犯している者だけは受け入れるわけにはいきません。その一種類はコリント人への第一の手紙第5章に言っている幾種類かの大変汚れた、主の名を辱める罪を犯し続けている者です。もう一種類はヨハネ第二の手紙で言っているキリストの教えを踏み越えている異端者です。それはキリストは神ではない、肉体をとってこられたのではない、彼の死はわたしたちの罪を担ったのではない、彼はわたしたちを贖うことができない、彼は死んで復活しなかったと言っていることです。このような異端は今日で言う「新神学」(New Theology、Modernism)、反キリスト「不信派」の信仰です。これらは極めて邪悪な罪です。キリストの教えの中にとどまらない者は、神を持っていません。

 
わたしたちの望み 印刷 Eメール
  1. わたしたちは,神によって永遠の命へと定められているすべての人が,主イエスを信じることを望みます(マタイ24:14ヨハネ1:12ヨハネ3:15-16,Iテモテ2:12:4Iコリント2:6)。
  2. わたしたちは,再生されたすべてのクリスチャンが単なる知識の増し加わりではなく,命の成長を求めることを望みます(Iコリント3:6Iコリント13:11-12,ヘブル5:14)。
  3. わたしたちは,追い求めているすべてのクリスチャンが召会のビジョンを見て,彼らの地方で実際的な召会生活の中に入って来ることを望みます(エペソ5:32使徒26:19ヘブル13:13ヨハネ10:1-18)。
  4. わたしたちは,主が残っている勝利者を得て,彼の花嫁が備えられることを望みます(マタイ24:40-42前半,マタイ25:1-13,啓示録19:7-8,啓示録21:2)。
  5. わたしたちは,主の再来がわたしたちの成長によって早められ(ダニエル2:34-35.2:44後半-45前半,マタイ21:42),わたしたちが祝福された携え上げ(啓示録12:514:1-4,Iテサロニケ4:15-17)と来たるべき王国(マタイ5:10IIテモテ4:18ヘブル12:28)にあずかることを望みます。
 
わたしたちの伝道 印刷 Eメール
  1. わたしたちは、恵みの福音(使徒20:24)と王国の福音(マタイ9:354:2324:1428:19-20,ルカ4:438:1)を宣べ伝えて,罪人に救いを得させます(ヨハネ1:29ローマ3:23-24,ガラテヤ1:4)。
  2. わたしたちは、命を供給して,信者たちをキリストの中で成長させます(エペソ4:11-14前半,15-16,コロサイ1:101:28)。
  3. わたしたちは、それぞれの都市に召会を建造して(Iコリント14:12Iペテロ2:5),信者たちを実際的に,キリストの地方での団体の表現とならせます(Iテモテ3:15後半―16,啓示録1:20)。
  4. わたしたちは、聖書から神の生ける豊富な言葉を解き放って,信者たちを養い,成長させ円熟させます(Iコリント14:314:26後半.14:31,コロサイ3:16)。
  5. わたしたちは、キリストのからだを建造して,花婿のために花嫁を備えます(創世記2:22エペソ4:124:16啓示録21:2,9,10)。
 
わたしたちの立場 印刷 Eメール
  1. わたしたちは,いかなる伝統的な解釈にもよらず(詩篇119:105コロサイ2:8IIペテロ3:15後半-16,IIペテロ1:20-21),純粋な神の言葉(ローマ1:2啓示録22:18-19)によって聖書に立ちます。
  2. わたしたちは,キリストに,すなわち生ける岩(マタイ16:16,1816:18Fノート3Iコリント10:4),土台の石(イザヤ28:16Iコリント3:11マタイ21:42),からだのかしら(エペソ1:22-23.4:15-16),召会の命(創世記2:21-23ヨハネ19:34エペソ5:29-32)また実際(エペソ4:2124)に立ちます。
  3. わたしたちは,キリストのからだの真の一に立ちます(詩篇133:1-3,ローマ12:5Iコリント12:12-13,エペソ4:3-6)。わたしたちは分派ではなく,宗派ではなく,無宗派ではなく,超教派でもありません(ローマ16:17Iコリント1:10Iコリント12:25ガラテヤ5:19-21,テトス3:10)。
  4. わたしたちは,それぞれの地方におけるすべての信者の一という立場に立ちます(使徒2:4246ローマ12:5-6.15:16Iコリント12:2027)。わたしたちは,血によって贖われ(ヨハネ1:29ヘブル9:12),霊によって再生された(ヨハネ3:35-6,テトス3:5),キリストにある信者たちはみな,それぞれの都市における一つの地方召会の肢体であると認めます(使徒14:23テトス1:5テトス1:5Fノート1啓示録1:11啓示録1:11Fノート1)。