headerphoto
Home 徳島に在る教会に関して ホームページへようこそ
徳島に在る教会ホームページへようこそ 印刷 Eメール
Share

「徳島に在る教会」は、聖書に「エルサレムに在る教会」「コリントに在る教会」「エペソに在る教会」と書かれているように、聖書の模範にしたがい、地上における教会の境界は、唯一都市の境界にあるという実行を実践しています。 徳島に在る教会の起こりは、1954年(昭和29年)頃から、分派、教派、組織、伝統、慣行が明らかに非聖書的であるゆえ、それを嫌う徳島在住のクリスチャンたちが純粋に聖書の模範に従い、地元に在って(都市に在って)一つである立場(以後、「地方合一の立場」と標記)に立って集会を開始しました。今日、キリスト教は異なる見解、意見によって何百、何千にも分かれていますが、 わたしたちは純粋に聖書にしたがって、地方合一の立場に立ち、 すべての兄弟姉妹とキリストのからだの一(the oneness of the Body of Christ)を享受しています。 これは主の回復です。 主の回復とは、教会歴史の過程で失われ間違ってしまった状態から 正確な当初のあるべき状態へと回復することです。

この失われた聖書に基づく実行は、ウオッチマン・ニー兄弟に啓示された聖書真理にしたがって再開され、回復されました。 ウオッチマン・ニー兄弟のメッセージは、全世界で約2000万人のクリスチャンに愛読されています。 現在、このような光を見て集会をする人たちが増えています。 この実行はアメリカ合衆国、極東、ヨーロッパ、ロシア、南アメリカ、アフリカ、そして、中東など世界中に広がっています。